冬道でのi-DMってさ…

2014年01月15日 | インフォ画面 | 2 comments

i-dm

運転の快適さや燃費効率の良さを数値化してくれるi-DM(インテリジェント・ドライブ・マスター)ですが、冬道で高スコアを出すのは不可能な様です。

SPONSORED LINK

北国のガッチガチに凍った凍結路面を走っていれば、ちょっとブレーキを踏んだだけでもABSが掛かったり、ちょっとアクセルを踏んだだけでホイルスピンしてしまったりするわけですよ。

i-DMは、そんな事情を考慮して数値化してるわけじゃないので、その都度ガンガン数値が下がっていきます。
写真は1.9ですが、ABSが掛かった直後は1.7まで下がってました。

夏秋は平均4.5をキープするようにソフトな運転を心掛けてきましたが、こうなりゃもう関係ありません。
流石に数値を気にしなくなりました。

てかさ、この数値の正確性も眉唾物な気がします。
「今回はスムーズに運転できたな」と思っても3.5とかだったり、「急いだからちょっと荒くなっちゃったな」と思っても5.0だったり…。
あまり気にしないのが正解な気がします。

SPONSORED LINK

関連記事
コメントさんきゅ

BURU : 2014年01月22日 水曜日 17時42分

はじめまして。いつも参考にさせてもらっています。

僕はi-DMが搭載された車に乗るのは初めてで、住んでいる地域も雪国ではないのですが、やはりちょっと「??」と疑問符が浮かぶことが多いです。

我ながらスムーズなブレーキングだったと思っても無反応だったり、今のはかっこ悪かった…と感じる急なブレーキングで青が点灯していたり。
上りの坂道発進で少し深めにアクセルを踏めば白点灯、下りの坂道発進でブレーキを離しただけで白点灯。

どうやらスムーズより少し突っ込んだアクセルワークやブレーキングがお好みなのかな?と感じます。

とはいえ、i-DMの評価を気にするあまり、発進・停止・カーブなどでチラチラとディスプレイを気にする自分に気づいてからは、逆に危険だと思い、表示しないようにしています。

実際、書かれておられるとおり、i-DMを気にしないで自分が感じる安全・スムーズな運転を心掛けると、運転がすごく楽しいものになりました!

しゅん : 2014年01月22日 水曜日 22時29分

BURUさん、こんばんわ。
やっぱそうですよね〜。
この数値を気にし過ぎるとイライラするので、オマケみたいなもんだと気にしない様にしています。

急ハンドル、急ブレーキの色表示も気にし過ぎると「今のは何色だ?」って注意力が散漫になっちゃうので、普段は平均燃費を表示させています。

i-DMではありませんが、ナビも最初は常に地図を表示していましたが、これも注意力が散漫になっちゃうので、曲名とかを表示しています。

やっぱり運転に集中できる環境が一番だと思います。

コメントどーぞ

その他のサイト

最新の投稿

10月06日23時30分
YOKOHAMAのGEOLANDAR SUVを買いました (2)
05月11日23時55分
タイヤのヒビ (2)
03月12日23時22分
春風を利用して車内清掃 (0)
02月09日01時22分
強風でドアパンチ! (0)
01月14日23時48分
冬道の汚れは泥だけじゃない (0)

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索