CX-5のエンジンルーム

2013年09月15日 | エンジン | 2 comments

CX-5のエンジンルーム

ネタが無くなって来たので、CX-5のエンジンルームの写真を掲載。

CX-5はボンネットダンパーじゃ無く「つっかえ棒」なんだね。MINIはダンパーだったんだけど、その感覚でボンネットを持ち上げたら重くて持ち上がらなかった。どっか引っかかってるんじゃないかと車体とボンネットの間を弄ってしまった(笑)。

  • CX-5のエンジンルーム
  • CX-5のエンジンルーム

そして、エンジンルームはこんな感じです。
ありゃ?
青くないじゃん…。

青いアンジンカバー

俺は↑コレを想像してたんで「??」となっちゃいました。
ググッた結果、2012年末のマイナーチェンジで青いエンジンカバーは廃止されたらしい。理由は「CX-5のテーマカラーがジールレッドなのにエンジンカバーが青いのはオカシイ」と言う意見が多かったからなんだって。

まぁ、確かに(笑)。

でも、SKYACTIVエンジンのイメージは青いエンジンカバーだったから、正直ちょっと残念だったりします。

SPONSORED LINK

関連記事
コメントさんきゅ

松田待つだ : 2013年11月15日 金曜日 00時53分

確かに残念ですよね。私も青を期待していました。
マツダは以下のどちらかをすべきでしょう!

1)現行エンジンカバーを赤にする。→「CX-5のテーマカラーがジールレッドなのにエンジンカバーが青いのはオカシイ」という意見を受け入れたならば赤にしないと。

2)ウェブサイトおよびカタログのエンジンカバーを現物と同じグレーにする。→これから買う人がエンジンルームを開けて残念な思いしなくて済む!

しゅん : 2013年11月15日 金曜日 12時13分

こんにちは。
無難にグレーにしたんでしょうけど、無個性になっちゃって面白く無いですよね。
初めてボンネット開けた時、すっごい拍子抜けしましたもん。
おっしゃるとおり、テーマカラーの赤にしとけば間違いないと思うんですけどね。

あ、今知りましたが、マイナーチェンジ後のHPはグレーになってますね。
なんかつまんない(笑)。

コメントどーぞ

その他のサイト

最新の投稿

05月11日23時55分
タイヤのヒビ (2)
03月12日23時22分
春風を利用して車内清掃 (0)
02月09日01時22分
強風でドアパンチ! (0)
01月14日23時48分
冬道の汚れは泥だけじゃない (0)
11月18日23時52分
寒くなる前に冬支度 (2)

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索