【小ネタ】ナットの向きには要注意

2016年05月21日 | タイヤ・ホイール | 0 comment

ナットの向きには要注意

ちょっと前に嫁さんのタントのタイヤ交換をしたんだけど、スタッドレスタイヤとノーマルタイヤで使用するナットが違ったの。スタッドレスタイヤのナットはキャップタイプだから迷うことなかったし、過去に俺が乗った車は全てそのタイプだったの。

ところが、タントの純正夏タイヤのナットは、穴が貫通したタイプのナットだったの。ここで俺は考えた。「どっち向きに締めれば良いんだ?」と…。

SPONSORED LINK

ナットのテーパー角

テーパー角

安全性に大きく影響する部分なので、念の為にディーラーに電話して確認。角度が付いて山になっている部分をホイール側にして締めるのが正解と判明。

山の角度を「テーパー角」と言うらしいのですが、その角度がホイール側に付いている角度と同じになっていて、そこがピッタリ合わさることによって摩擦が増えて緩まなくなるって仕組みですね。

知ってる人からすれば常識なんだろうけど、俺が一番長く載っていたBMW MINIの場合は、

BMW MINIのナット

こんな感じのボルトタイプだったもんで、いわゆる普通の穴の空いたナットを使った事が無かったんです。まぁ、角度の付いたほうがホイール側だんだろうなとは思ったけど、安全に直結する場所なので確認の電話をしたのです。

以上、備忘録でした。

SPONSORED LINK

関連記事
コメントさんきゅ
コメントはまだありません...(つд・)エーン
コメントどーぞ

その他のサイト

最新の投稿

04月22日15時55分
洗いにくいスポークタイプのホイールの洗い方 (0)
04月13日13時50分
春だねぇ (0)
10月06日23時30分
YOKOHAMAのGEOLANDAR SUVを買いました (2)
05月11日23時55分
タイヤのヒビ (2)
03月12日23時22分
春風を利用して車内清掃 (0)

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索