紅葉の写真を撮るならココ!岩手紅葉スポット情報

2013年09月29日 日曜日 03時18分

岩手県紅葉スポット情報

おっと、1ヶ月もブログを放置してしまった。
凛ちゃんがまだまだ長時間のお出かけに耐えられないもんで、どこにもお出かけしてないのよ。そんな凛ちゃんも10月に入ると生後5ヶ月になります。
秋です、秋。

と言う事で、今回は俺がオススメする岩手県の紅葉スポット情報を写真付きで紹介しますね。俺が実際に行って写真を撮ってきた所限定なので、ここで紹介していない名所も多々有ります。それは勝手にググって探して下さいな(笑)。

松川渓谷の紅葉

  • 松川渓谷の紅葉
  • 松川渓谷の紅葉
  • 松川渓谷の紅葉
  • 松川渓谷の紅葉

まずは八幡平市にある松川渓谷の紅葉。有名な松川地熱発電所の近くにある屏風岩と紅葉のコラボレーションが美しい渓谷です。上の写真を撮影した場所は、公園の様に整備されている訳では無い岩場なので、パンプスや厚底の靴で来るとちょっと危ないかもしれません。

松川渓谷の紅葉のピークですが、俺のデジカメデータによると10月20日近辺の様です。言うまでもなく紅葉のピークは毎年違うので、Weathernewsなどのサービスを利用して最新の情報を確認して下さいね。

松川大橋から見る松川の紅葉

  • 松川大橋から見た岩手山
  • 松川大橋から見た松川の紅葉
  • 松川大橋から見た松川の紅葉
  • 松川大橋からの眺め

松川大橋は、松川渓谷を通過して樹海ラインに右折せず細い道を真っ直ぐ進むと到着する橋です。橋の先は行き止まりになっているので車は通過出来ません。手前にある駐車スペースに車を止めて歩く事になりますが、大した距離じゃないので大丈夫です。

松川大橋からは、岩手山と松川の紅葉を見渡す事が出来ます。紅葉に埋もれるように松川地熱発電所が水蒸気を上げているので、撮影スポットとしてもお勧めできる紅葉スポットです。

八幡平アスピーテラインの紅葉

  • 八幡平アスピーテラインの紅葉
  • 八幡平アスピーテラインの紅葉
  • 紅葉と松尾鉱山跡
  • 八幡平アスピーテラインの紅葉

八幡平アスピーテラインは、前記した松川渓谷と樹海ラインと、八幡平山頂で繋がっている風光明媚な道路です。八幡平アスピーテラインの山頂付近は針葉樹しか生えていないので紅葉はありません。しかし、冬季通行止めのゲートより下では綺麗な紅葉を見る事が出来ます。

冬季通行止めゲート付近には売店などの施設があります。ここは今は閉鎖されてしまった八幡平スキー場があった所なんです。ここからは綺麗な紅葉だけではなく、廃墟マニアには有名な松尾鉱山跡も見る事が出来ます。

八幡平スキー場跡地から下に降りると、大沼と言う沼越しに岩手山を見る事が出来ます。ここからの眺めは本当に絶景ですが、駐車場は無くちょっとした車寄せがあるだけです。通行の邪魔にならないように景色を楽しみましょうね。

葛根田渓谷の紅葉

  • 葛根田渓谷の紅葉
  • 葛根田渓谷の紅葉
  • 葛根田渓谷の紅葉
  • 葛根田渓谷の紅葉
  • 葛根田渓谷の紅葉
  • 葛根田渓谷の紅葉
  • 葛根田渓谷の紅葉
  • 葛根田渓谷の紅葉

最後にお勧めするのは葛根田渓谷の紅葉です。
葛根田渓谷は、国道46号線を秋田へ向かい、雫石スキー場に行く様に右折し、不安に駆られる気持ちを抑えてひたすら道なりに進むと到着します。ここも松川渓谷と同じく地熱発電所があり、行き止まりまで進むとアチラコチラの地面から蒸気が噴出している異空間な渓谷です。

雰囲気は秘境そのものですが、車を使えば盛岡市中心部から1時間ほどで来れます。こんな独特の雰囲気の場所に1時間で来れるんだから、紅葉を見に来ない手は無いですよ。

俺が行ったのは10月下旬でしたが、葛根田渓谷の入口付近はまだ紅葉の色付きは不十分でした。しかし、行き止まり地点まで進むと色鮮やかに色付いた木々と噴出する蒸気がとても綺麗でした。ちなみに、行き止まり地点には大きな駐車スペースとトイレなどの施設がありますよ。

県南部は未開拓なのです

俺が紹介出来る岩手県紅葉スポットはこんな感じでしょ−かね?他にも沢山あるんだろうけど、実際に行った事が無いスポットは無責任に紹介出来ないからね。

俺は県南部の紅葉スポットは未開拓なんだよね。県南部には猊鼻渓、厳美渓が有名だけど、個人的には栗駒山なんか行ってみたいな。でも、紅葉真っ盛りの時期は、紅葉を見に行ってるのか人を見に行ってるのか分からなくなるくらい混雑するみたいだから躊躇しちゃうな^^;

今年の紅葉はどこに見に行こうかなと迷ってる人は、ぜひ岩手に来て紅葉を楽しみつつお金を落としていってく下さいな(笑)。

関連記事

コメントさんきゅ

コメントはまだありません...(つд・)エーン

コメントどーぞ

© 2010 - 2020 南国スキーぶろぐ