花巻台温泉 炭屋台の湯

2011年05月24日 火曜日 17時01分

去年の10月に、花巻台温泉にある「ホテル三右衛門」に一泊してきましたが、その時に通りすがった「炭屋台の湯」と言う旅館が気になっておりました。
台温泉は開湯1,200年と言う、ウソかホントか良く分からないくらい伝統のある温泉場でして、良く言えば伝統のある、悪く言えば古臭い旅館が多いのであります。

そんな中、「炭屋台の湯」は、外壁が黒の塗壁で和風の中にも西洋っぽいモダンさを感じさせるシックな建物だったので、ひと際目を引く存在でした。
そしたらね、盛岡のタウン情報誌「アキュート」に、その台の湯に1万円チョイで泊まれる特別プランが載っていると相方さんから情報が入りまして、それならば行ってみようかと。

  • 花巻台温泉台の湯
  • 花巻台温泉台の湯

と言う訳で、5月22日に一泊して来ちゃいました。
外装はこんな感じでモダンな感じ。
犬矢来の竹が外壁の黒とコントラストを成していていい感じだね。

  • 台の湯 フロント
  • 台の湯 フロント
  • 台の湯 フロント
  • 台の湯 階段

旅館の明るいオッチャンに車を停めてもらい、写真なんかを撮ってもらいつつ中に入ると「いかにも」と言った感じの佇まい。
こじんまりとはしているが、内装も和洋折衷なモダンな感じがして面白い。
時代劇に出てくる問屋がちょっとだけ洋風になった感じだね。
お洒落で良いと思います。

  • 台の湯 廊下
  • 台の湯 すずらん

なんでも、建物自体は築150年と歴史がある建物で、昔は遊郭として使われていた物を改築したらしいのだ。
そのせいか、若干入り組んだ作りになっていた。
それにどこか艶っぽく、純粋な旅館とは一線を画す雰囲気だったよ。
部屋は狭いけど清潔感があり、古くからある温泉街の旅館として考えれば十分過ぎるレベルだと思うよ。

食事の前に温泉に入ることにした。
脱衣所も綺麗で文句なし。
お湯は、強い硫黄臭はしないけど、仄かに温泉臭がして入ってるそばからお肌がツルツルになる感じ。
いいお湯でしたよ。

  • 晩飯 刺身
  • 晩飯 魚料理とかぼちゃのスープ
  • 晩飯 前沢牛のステーキ
  • 晩飯 自然薯の鍋
  • 酒粕の茶碗蒸し

温泉に浸かり部屋に戻ると晩ご飯の時間に。
台の湯は部屋食なので、時間になると運んできてくれる。
俺は野菜嫌いなのだが、こういう所に来れば食べれるから不思議(チョイチョイ相方さんにパスしたけどw)。
基本的に美味しかったけど、前沢牛のステーキ、自然薯の鍋、酒粕の茶碗蒸しが美味しかったな。
肉食な俺が贅沢を言わせてもらうと、もうちょっと肉が多いと嬉しいかも。
あと、ご飯は最初から持ってきてくれると良いなと思った。

  • 炭屋台の湯 夜姿
  • 炭屋台の湯 夜姿

食後、外が真っ暗になったので、台の湯の夜姿を見に行った見た。
かなかな良い感じでしょ。
でもね、google mapで台の湯の場所を調べてみると分かると思うけど、結構な山奥なの。
だから、二人とも台の湯の前からは一歩も動かなかった(笑)。
昼間に車でウロウロしても薄気味悪いポイントが結構あったからね…。
あ、でも何も出ませんでしたよ(笑)。

そして翌朝。
朝食後も温泉に使って朝風呂してみた。
俺が先に上がって気がついたが、昨夜と男湯と女湯が逆になってました(笑)。
幸い、誰も入ってこなかったから良かったけど、流石に相方さんを置いて部屋に戻るわけにもいかず、昨夜は女湯だった男湯の前で誰か入りに来ないかを見張ってました(笑)。
上がってきた相方さんに「ここ男湯なんだけど…」と伝えたら鳩が豆鉄砲くらった様な顔してましたw
う〜ん、もっと分かりやすく男湯と女湯を区別した方が良いと思うなぁ。
もし、俺が入った時に若い女性が居たら嬉し…いや事件になってたかも(笑)。

最後にオチが付いちゃいましたが、台の湯は良い旅館だと思いますよ。
建物も綺麗だし、温泉も良いし、接客も明るく楽しい感じだったし、満足度はかなり高い旅館でした。

これで「シャトン」「六分儀」「台の湯」と怒涛のブログ更新三連発の終了ですが、最近岩手の経済回しすぎでお財布が厳しくなってきました。
そして忘れた頃に自動車税。
しばらく節制します…orz

関連記事

コメントさんきゅ

joe : 2011年05月26日 木曜日 20時42分

google mapで見てみれば…近くに病院があるんですねー。
是非夜の散歩に出掛けて欲しかったです(違

某宮古島で夜に日帰り温泉に行った時、目の前の病院が下からライトアップされていて、それは不気味だったのを思い出しましたw
…いやー、真っ暗闇の中に突然それが登場するとかオカルト以外の何物でもないです、はいw

冗談は置いといて。
なかなか雰囲気のいい宿ですねー。
古いだけでなく、しっかりと管理が行き届いているところがスバラシイです。
まぁ、古いだけの宿でもそれを楽しんだりする自分が居ますが(汗)

とりあえず経済回しに岩手にも行かなきゃなー、と思いつつも、どう考えても1泊しかできないので何処で宿を取ろうか悩ましいところだったりします。

しゅんさんのブログを見ながら、あれこれ悩んで決定しますのでこれからも経済活動ついでにじゃんじゃん訪問してくださいw
(自粛…とは言わせませんよー♪( ̄ー ̄)ウソデス…)

しゅん : 2011年05月27日 金曜日 04時31分

あ、あれ病院だったんだ(笑)。
いやいや、台温泉の周回道路の奥の方の雰囲気は完全に心霊スポットですよ^^;
昼間でもトンネルがテラ怖でしたもん…。

確かに綺麗ではありましたが、それでもリフォーム感はありましたね。
四隅のホコリとか、使い回されてる感が見える食器とか(笑)。
まぁ、そんなキレイ好きの俺でも十分に耐えれる歴史ある温泉旅館なので、普通の人からすれば十二分に綺麗な旅館だと思います(笑)。

岩手に来るなら繋温泉に泊まればフットワーク良いですよ。
秘境じみてる所がいいなら松川温泉とか。
いや、自粛します。
来たら奢ってください(笑)。

コメントどーぞ

© 2010 - 2019 南国スキーぶろぐ