CX-5の冬支度

2014年11月15日 | 整備 | 0 comment

ウォッシャー液を補充

ここ数日で一気に冷え込み、盛岡市でも雪がチラつくようになりました。これはマズいと、寒風吹き付ける中、頑張ってCX-5を冬仕様へとチェンジさせました。

まずはウォッシャー液の補充です。夏の間はウオッシャー液に水を混ぜて使っていますが、そのままだと真冬は寒さで凍ってしまうんです。前愛車のBMW MINIでウオッシャー液を凍らせてしまって以来、9月頃からのウォッシャー液の補充は原液のみにしています。寒くなってから慌てて原液を入れても残液が薄まってたら意味が無いからね。

SPONSORED LINK

17インチのタイヤ交換は重労働

タイヤの回転方向

そんでタイヤ交換です。俺の使っているスタッドレス「DUNLOP・WINTER MAXX」はタイヤの回転方向が決まっています。写真の様に「ROTATION」と言う文字とともに矢印が書いてあるので間違って逆に装着しないようにしないとね。

ベンチレーテッドの錆

前輪ブレーキのベンチレーテッドの錆はこんな感じです。錆びつつある物のまだまだ大丈夫ですね。まぁ、錆びたからといってどーこーって事は無いんですけどね。

ハブの錆

ハブの錆はこんな感じです。こちらはまだまだイケそうですね。このホイールとの接地面が錆びちゃうと、春にタイヤ交換する時に錆が接着剤になってホイールが取れなくなっちゃうんですよね。MINIのハブは自分で塗装したんですよ。

後輪のハブの錆

ちょっと気になったのが、後輪ハブの錆ですね。防錆塗装されている所にも錆が浮いてきています。俺のCX-5が履いているホイールはスポークタイプなので、ここが錆だらけになっちゃうと最高にカッコ悪いですよね。春にタイヤ交換する時に耐熱スプレーしよっかな。

空気圧センサーをリセットしよう

空気圧センサー

タイヤ交換をして忘れちゃいけないのが空気圧センサーのリセットです。タイヤのパンクを知らせてくれるこのセンサーのリセットを忘れると走行中に「ピー!!」と鳴って心停止寸前に追い込まれます(笑)。

タイヤ空気圧の初期化

上のリンク先にも書いていますが、センサーを初期化してもコンピュータが学習するまでアラームが何度が出る可能性があるらしいので、出るたびに数回リセットしなきゃ駄目みたいですよ。

防錆塗装したマフラーの現状

防錆塗装したマフラー

約1年前にディーラーで防錆塗装したマフラーですが、まだまだ綺麗です。まぁ、半年前に自分でスプレーしたのが効いてるんだと思いますけど。それでも縁の方が若干錆びてきてるんで、念の為にそこだけピンポイントで耐熱スプレーを吹きかけときました。

自分でも神経質だとは思うけど、MINIのマフラーが高速道路の融雪剤で一気に錆びたのを経験してるからね。簡単に予防出来るならした方がいいっしょ。

後は冬が来るのを待つのみ…

ワイパーをスノーワイパーに変えるのはもうちょっと待ちます。街にも雨じゃなく雪が降る用になってからで良いかなと。

後は本格的に雪が降ってスキー場がオープンするのを待つだけですね。今からウキウキワクワクです。

SPONSORED LINK

関連記事
コメントさんきゅ
コメントはまだありません...(つд・)エーン
コメントどーぞ

その他のサイト

最新の投稿

04月22日15時55分
洗いにくいスポークタイプのホイールの洗い方 (0)
04月13日13時50分
春だねぇ (0)
10月06日23時30分
YOKOHAMAのGEOLANDAR SUVを買いました (2)
05月11日23時55分
タイヤのヒビ (2)
03月12日23時22分
春風を利用して車内清掃 (0)

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索