写真を綺麗に撮る方法

2012年06月03日 日曜日 17時17分

綺麗な写真の撮り方

ここ数年、カメラ好きじゃなくてもデジカメを持ち歩く様になってきたよね。
コンデジも高機能になってきて、絞りやシャッタースピードをマニュアル設定で撮影出来る様になってきた。

遊びに行っても、デジカメでの写真撮影を頼まれる事が増えてきた気がする。
俺の結婚式でも、友人関係は各々がデジカメを持ってきてて、物凄いフラッシュの嵐だった。
んでもね、その写真を見せてもらうと「う〜ん、惜しいなぁ…」って思う事が多いんだわ。
カメラの性質を分かってれば、もっと綺麗に撮れるのになぁ〜って。

そこで、初心者に毛が生えた程度の俺だけど、これを知っておけばもっと綺麗に撮影出来るよって言うコツを簡単に教えちゃいます。

最近のデジカメは、風景をワイドに撮影するために広角レンズを装備してる事が多いです。
俺のNikon P300は24mm-100mmレンズです。
初期状態は24mm広角で、ズームをすれば最大100mmまでの望遠になりますって意味。
この広角と望遠を上手い事使い分ければ、何も考えないで撮影した写真よりも綺麗に撮れる様になると思います。

結論から言うと、綺麗に人を撮りたい時は、広角側じゃなくて望遠側で撮りましょう。
広角で撮ると、ワイドの撮れる代わりに卵みたいに絵が歪んじゃうんだ。
分かり辛いと思うから写真で説明するね。

広角側で撮影

上に写真は、広角端で液晶画面いっぱいに車が写る様に自分が近づいて撮影した写真。
MINIが卵の様に丸く歪んでるよね。
これが広角の状態で撮影した写真の特徴。
これで人を撮影したら、顔も歪んじゃうよね。

望遠側で撮った写真

上の写真は、同じデジカメの望遠端で、離れた所からズームして撮影した写真です。
今度はパリッと歪むこと無く写ってるよね。
これが望遠側撮影した時の特徴です。

つまり、広角はワイドに風景を撮れるけど絵が歪んじゃうよ。
望遠はワイドには撮影出来ないけど、歪まずにパリッと撮影出来るんだよ。
だから、人をメインで撮影したい時は、広角側で自分が被写体に寄って撮影するんじゃなくて、離れた所からズームして撮れば歪まずに綺麗に撮れるんだよって事です。

最大までズームにしなくても、35mmくらいまでズームすれば大丈夫です。
それだけで、絵が歪まずにパリッと撮影出来る様になると思いますよ。
お試しあれ。

関連記事

コメントさんきゅ

joe : 2012年06月27日 水曜日 21時11分

なんとなく、1枚目の写真のおじさん(?)に浣腸をお見舞いしたい衝動に駆られてしまうのは気のせいでしょーか?^^;
若しくは膝をカックン、とか(爆

しゅん : 2012年07月01日 日曜日 16時25分

こういうのを見ると、俺は写真を撮る時はスマートに撮ろうと心から思います(笑)。

コメントどーぞ

© 2010 - 2020 南国スキーぶろぐ