革財布のエイジング

2012年12月11日 火曜日 19時17分

HERZ(ヘルツ)の革財布

今年の4月に買ったHERZ(ヘルツ)の革財布。
HERZの製品は本革だけあって年月を重ねる事に良い色になって行くわけですよ。
それをエイジングと言うらしいんだけど、俺の革財布は購入してから約8ヶ月。
今はこんな感じになってます。

HERZ(ヘルツ)の革財布

う〜ん…。
購入時はこんな感じでしたが、正面から見るとまだまだエイジングが進んでいませんね。
お出かけ時にスボンのポケットに入れていればもっとエイジングが進んだのかもしんないけど、買い物時は嫁さんのバッグ、出勤時は通勤用のリュックに放り込んでいるので劣化が遅いのかもね。
爪で引っ掻いちゃった痕が細かく付いてるくらいかな。

HERZ(ヘルツ)の革財布

こちらは裏側。
小銭入れを挟んでこっち側にカードを入れているので、若干カードの形が浮き出ていますね。
さらに年月が経って浮き出た部分が擦れると良い感じにエイジングしてくれそうな気がするね。

ちなみにレザーケアのラナパーですが、だいたい月イチくらいに塗ってます。
これを塗ると艶が出て良いんだよね。
HERZに限らず、本皮製品を買ったらラナパーは必須ですよ。

関連記事

コメントさんきゅ

中野跳輔 : 2012年12月11日 火曜日 21時01分

なんか皮っていいよね。
使ってゆくうちに価値が高まってゆく感じが。
引っ掻いちゃったキズも味の内!。

しゅん : 2012年12月11日 火曜日 21時44分

そうですね。
本皮は使ってる感が出れば出るほどかっこよくなりますよね。
末永く使いますよ!

HERZは革好きにはたまらない物ばかり売ってるんですよ。
でもお金が付いてこないのが残念(笑)。

コメントどーぞ

© 2010 - 2020 南国スキーぶろぐ