蕁麻疹が出たら皮膚科に行こう

2014年01月31日 金曜日 14時34分

ザイザル

実は2014年に入ってから蕁麻疹が出るようになりまして。
5年程前にも蕁麻疹が出た事があって、その時は半年ほど苦しんだんです。

ともに体中にブァ!と出るわけじゃなく、肘の内側や腰回りなどの皮膚が弱い所に蚊に刺された後みたいにポツと出るんです。
痒みもあるけど、視覚的と触覚的に気持ち悪い方が精神衛生上悪い感じだね。

5年前は半年間我慢したけど収まる気配が無かったので皮膚科に行きました。
その時は一番弱い花粉症のを貰って、半月ほど飲み続けたら沈静化したんです。
薬の力を借りて体質を改善さた感じだね。
心の底から「もっと早く病院に行けばよかった…」と思ったもんです。

抗ヒスタミン剤 ザイザル

ザイザル

過去にそんな事があったので、今回は1週間程様子を見ても出続けたので大人しく皮膚科に行きました。
診察は2分程で終了。
前回もそうでしたが、

  • いつ頃から出始めましたか?
  • 体のどこら辺に出ますか?
  • 決まった時間やタイミングで出ますか?

とか聞かれて、

  • 年明けから
  • 肘の内側などの皮膚が弱い所
  • 寝起きに出やすい

と答えて終了。
その結果、新しい薬である「ザイザル」を処方してくれるとのこと。
ザイザルは蕁麻疹の薬と言うわけではなく、花粉症や蕁麻疹などのアレルギー全般に効く薬なんだってさ。

ザイザルは食後に3回飲む薬ではなく、就寝前に1錠飲むだけ。
しかも5mgと非常に小さいです。
とりあえず2週間分処方してもらいました。

ザイザルの効果のほどは?

効果てきめんでした。
ザイザルを飲むようになってからは蕁麻疹は出なくなりました。
今後は薬を飲む間隔を開けていって、蕁麻疹出なくなったら飲むのを止める感じになります。

先日、安比高原スキー場に1泊したのですが、その前日を含めて2日間ザイザルを飲み忘れました。
その結果、2日目の夜にポツッと3つくらい蕁麻疹が出ました。
もうちょっとザイザルに頼らないと駄目みたいですね。

強い副作用はありませんが、アルコールを併用すると強い眠気や倦怠感が現れる様です。
先日、薬を飲んだ3時間後にビールを一缶飲みましたが、ものすごい眠気に襲われました(笑)。
お陰でグッスリ…いや、真似しちゃ駄目ですよ。

そもそも蕁麻疹の原因ってなんやねん

俺の場合は複合要素っぽいですね。
寒冷、接触、乾燥、疲労、ストレスなどなど。
「コレ」ってのが無い気がします。
ポツポツ出る程度なので、詳しい検査は行ってません。

でも、ザイザルは対症療法薬なので「原因を解消する薬」ではなく「現象が出ないようにしてるだけ」なので、今回ザイザルを飲んで出なくなっても数年後にはまた出るようになるかと思います。

wikipediaによると、20%ほどの人が蕁麻疹を経験するって書いてましたが、逆に言うと80%の人は蕁麻疹の経験が無いのかよ。
そっちの方が信じられんわw

関連記事

コメントさんきゅ

コメントはまだありません...(つд・)エーン

コメントどーぞ

© 2010 - 2019 南国スキーぶろぐ